当ブログ「ルアフライフ」管理人・ぴごの自己紹介と人生を変えた本のご紹介

ぴごの自己紹介 つれづれ
この記事は約5分で読めます。

このブログをお読みいただき、ありがとうございます。
ブログ管理人のぴごです。

ぴご
ぴご

気付いたら結婚せずに、40歳をとうに過ぎていました。

自然療法スピリチュアルに関心が強く、心理学占いに至るまでいろいろなことを学び、暮らしに役立てています。

40歳を超えてくると、自分の健康お金のこと、親の老後などさまざまな不安がリアルに増えてきます。

そんな40歳を過ぎた女性に向けて、スピリチュアルな考え方を生かしつつ、暮らしに役に立てるような情報を発信していきたいと思っています。

よろしくお願いします。

自然療法に目覚めたワケ

30歳くらいの頃、仕事のプレッシャーなどから焦燥感や不安感がつきまとうようになりました。
当時は「うつ」が流行していた頃で、ネットで探した認知度のある心療内科を予約しました。

週末の診察は、予約したのに2時間以上も待たされ、大した診察もなく1ヶ月の休職と大量の薬を渡され帰宅しました。

薬

「休職はないよな」と思いつつ、疑うことなく出された薬をすべて飲んだところ、これまで感じたことのない感覚に襲われ、しばらく起き上がれなくなりました。

その医師の予言?どおり、1ヶ月の休職をすることになりました。

初診の医師を信頼できなかったため別の病院に通い、薬を減らすことになりました。
最終的に薬を手放す(半年は御守りとして頓服を持ち歩いた)のに1年近くもかかりました。

病院や先生・薬を疑うことなく信頼していたことが、ガラガラと音を立てて崩れ落ちた体験です。
辛い経験だったけれど、改めて振り返るとこの出来事のおかげで、いまの自分があると思えます。

あれは本当にうつだったのか、薬によって何かがおかしくなったのか分かりませんが、元気を取り戻したのは家族や友人、信頼できる医師のおかげでした。

そして、規則正しい生活
これがわたしに日常を取り戻しました。

ぴご
ぴご

いま振り返ればよい経験です!

こころの疲れとりにはアロマだった

うつ事件があったため、身体をあたためて、規則正しい生活を心がけるようになった30代半ば、仕事の疲れを癒すためにアロマトリートメントサロンを訪れました。

そのサロンで、アロマの香りにココロを奪われ、その日からアロマの資格を取得するためにスクールを探し始めました。

アロマ

日本にはアロマに関するたくさんの資格がありますが、簡単にいうとフランス式とイギリス式に分けることができます。

フランスでは、治療や医療としても使用されていて、一部の精油は医薬品として認知されています。

イギリスでは、おもに美容やリラクゼーションとして使用されていて、フランスよりも精油濃度は低く使うことが多いです。

健康に強い関心があったため、NARD JAPANのアロマ・アドバイザーを目指すことにしました。

アロマの基礎、精油の化学や作用について学びながら、いろいろな実習をしました。

ぴご
ぴご

NARD JAPANのアロマ・アドバイザーを取得しています。

スピリチュアル・占いについて

スピリチュアルは宗教的な言葉に捉えがちですが、WHO(世界保健機関)も健康の定義に「spiritual health」が必要であると総会で提案しています。

2020年の騒動でスピリチュアルが、かなり浸透してきていると体感していますが、この風の時代は、より自分らしく生きるために必要な要素ではないでしょうか。

もともと現実派ですが、30歳を超えた頃からスピリチュアルへの関心が止まらず、興味に任せて学んだりしているうちに、占いを提供できるまでに成長していました。

占いは未来をあてるものだと思っていますか?
わたしも以前は「占いは未来をあてる」と思って一喜一憂していました。

しかし、占いは「裏成り」といって「裏の成り立ちを知ること」なのです。
悩みや問題があっても、違う視点から見ることで気付きを得ることができます。
そこに問題はなかったと気づくこともできるのです。

未来が決まっているとしたら、それはスピリチュアルでも何でもありません。
未来は自分で決めることができます。

わたしも日々あらゆることを学び、実践しながら、いま生きていることを楽しむようにしています。

ぴご
ぴご

占いを自分らしく生きるために活用中です!

人生を変えた本

最後に、わたしの人生を変えたともいえる本をご紹介します。

嫌われる勇気

職場の人間関係に悩んでいたときに、繰り返し読んだ本です。
「あの人にどう思われるか」と考えて自分の行動を制限していたとき、「課題の分離」ができていませんでした。
自分の課題と相手の課題を分けることで、気持ちがかなりラクになりました。

物語で読む引き寄せの法則

「引き寄せの法則」といえば、エスター&ジェリー・ヒックス夫妻です。
「物語で読む引き寄せの法則」は子どもが読んでも理解できる内容で、とても分かりやすい本です。わたしに子どもがいたら、寝る前に読んであげたい良書です。

その思いはすでに実現している!

ネヴィル・ゴダードの本は高額取引されていますが、縁あって二度もわたしの手元にやってきました。
引き寄せの法則の理解が深まると同時に、いかに「意識」が大切かが分かります。

神よりしあわせ

引き寄せの法則を発動した時に、同時に現れる「対極の法則」について詳しく書かれています。
「引き寄せられない」と思って引き寄せの法則をあきらめた方にもオススメ!

ぴご
ぴご

ぜひ、読んでみてくださいね。