アロマの王道・ティートゥリーは万能!フレッシュな香りで感染症対策も

ティートゥリー精油 自然療法
この記事は約2分で読めます。

アロマの王道ともいえるティートゥリーは、フレッシュでスパイシーな香りです。

オーストラリアの先住民・アボリジニは、ティートゥリーの木を「健康に欠かせない木」として大切に利用してきました。

さまざまな作用があるので、常備しておきたいアロマのひとつでもあります。

ぴご
ぴご
使い方もいろいろあります

ティートゥリーの作用について

ティートゥリーの香り成分のおよそ半分近くが、モノテルペン炭化水素類で、体内の流れの滞りを除去したり、抗炎症作用や抗ウイルス作用があります。

そして、残りの半分がモノテルペンアルコール類で抗菌作用、抗ウイルス作用、抗真菌作用や免疫調整作用などがあり、風邪が流行する季節などに、とくに大活躍するアロマです。

人の出入りが激しい場所や店内のリフレッシュなどでの、感染症対策にもオススメです。

寝る時にもオススメ

モノテルペンアルコール類のテルピネン-4-オールは、副交感神経を強壮するためスパイシーな香りですが、心を休めてリラックスしたい時にもオススメのアロマです。

副交感神経を優位にするので、喘息持ちの方で喘息時には控えた方がいいと思います。
とはいえ、わたしも軽い喘息持ちですが、普段はティートゥリーを愛用しています。

ティートゥリーは、ラベンダーと香りの相性がいいので、寝る時にティートゥリーとラベンダーをティッシュに数滴落として、枕元に置いて眠りにつきます。

風邪かな?鼻詰まりがある時、吸入の仕方

鼻詰まりがあり「風邪っぽいな」と思った時に、わたしがまずやることは「吸入」です。

  1. カップまたはガラス瓶に、60〜70度程度のお湯を入れて、ティートゥリーオイルを数滴垂らす。
  2. タオルまたはティッシュをかけて、湯気が鼻に直撃するようにする。
  3. 片方の鼻の穴を指で押さえて、開いている方の鼻の穴でゆっくりと蒸気を吸い込む。

両方の鼻で何度か呼吸を繰り返すうちに、かなり楽になります。
ゆっくりと吸わないとむせてしまうので、気をつけてくださいね。
ぜひ、お試しください。

なお、カップに入れたまま放置してしまうと大変危険です。
誤飲しないように、使用後はすぐに片付けてくださいね。

やはり、おすすめの精油はプラナロムです。