牛乳の吹きこぼれでガスコンロの火がつかない!女性もできる簡単対処法

ガスの火がつかない 暮らし
この記事は約2分で読めます。

先日のこと、ミルクパンを使って牛乳を温めていたのですが、少しだけ目を離してしまいました。

少量をあたためるタイプの小さなミルクパンだったので、あっという間に牛乳が吹きこぼれてしまい、ガスが消えてしまいました。

ぴご
ぴご

あー、やってしまった!
でも、乾けば大丈夫でしょ

「次の日になったら、きっと復活しているだろう」と何も対処しませんでした。
しかし、翌朝もガスコンロの火が着くことはありませんでした。
その翌日も。
こうなってくると、絶望的な気持ちになります。

2口コンロのため、自炊できないということはありませんが、とても不便でした。

すぐに「ガスコンロ 吹きこぼれ 火がつかない」とネットで調べましたが、修理屋に頼む前にトライしてみる対処法としては以下の3つでした。

・電池を確認しよう
・元栓が開いてるかチェックしよう
・バーナーキャップを外して水分を拭き取ろう

隣のガスコンロは普通に使えます。
ということは、電池と元栓は考えられず、残りの選択肢はひとつ。

バナーキャップを外すしかありません。
しかし、外せません!
ビビって外せないのか、そもそも外せないつくりになっているのか分からないけれど、とにかく外せないのです。

自己解決はあきらめて、ゴールデンウィークが終わったら修理屋さんを呼ぼうと決めました。

ところが、実家の父に話すと、「クリップを伸ばしたものを穴に入れてごらん。いくつか開けたら火が着くんじゃない?」と言われました。

クリップ

目からウロコ(←表現古い!)でしたが、さっそく試してみることにしました。
現状確認として、試しにガスをつけてみましたが、やはりつきません。

そこで、クリップを伸ばして、穴の中にひとつひとつにクリップをさしてみました。

いくつかさしてみましたが、手応えは全くありませんが、ガスコンロをひねってみたところ、なんと着火!

火がつかない対処法

修理代がかかると思っていたので、とっても感動しました!

とにかく無事に解決して良かったです。
牛乳を吹きこぼしてしまって、バーナーキャップが外せないという方はぜひお試しくださいね。